>> 過去の情報 > ICD-10-30 / ICD-10-40
新型二酸化塩素濃度計
型式:ICD-10-30/ICD-10-40
オーバーフロー型:ICD-10-30
流通型:ICD-10-40
 浴槽水・スイミングプール等の二酸化塩素濃度を連続測定、制御を行う場合に最適な二酸化塩素濃度計です。新型モニタを採用し、より使いやすくなりました。

 


・濃度表示は最小分解能 0.01mg/L までとしました。
・上下限警報出力と制御出力を独立させました。
・AC200V 系電源にも対応したワイド電源電圧化になりました。
・水回りの使用・環境に対応した新しい独自の筐体です。
・操作が簡単な前機種の特長を継承しました。

新型モニタ:ICD-10
型式 ICD-10-30 ICD-10-40
測定成分 二酸化塩素
測定原理 ポーラログラフ式
測定方式 ビーズ洗浄型微小固体3電極方式
測定濃度範囲 0 〜 2mg/L
表示 ディジタル3桁LCD表示
最小分解能:0.01mg/L
繰り返し性 フルスケールの±5%+1ディジット以内
(流量、pH、温度、電導度一定時)
検水pH範囲 pH 6 〜 8
電導度範囲 10 〜 100mS/m
検水温度範囲 0 〜 45℃(結露、凍結なきこと)
応答時間 90%応答 1分以内
温度補償 サーミスタによる自動温度補償
伝送出力 DC4 〜 20mA 絶縁型 最大負荷抵抗 500Ω
接点出力 上限・下限・制御出力 各1a
接点容量 AC250V 1A MAX. (抵抗負荷)
電極電解洗浄 次のトリガにより電解洗浄シーケンス起動
1. CLN端子(洗浄トリガ端子)短絡
2. 洗浄キー入力
3. 電源ON
4. 24時間タイマー
電源 AC85 〜 250V 50Hz/60Hz
消費電力 約 5VA
周囲温度範囲 -10 〜 45℃(結露、凍結なきこと)
設置方法 50Aパイプまたは壁面取付
フローセル FC-30A FC-40
フローセル構造 オーバーフロー型 流通型
センサ RE-20B
センサケーブル CT4S-005N (50cm)

ICD-10-40-20
ポールスタンド取付例

▲更新履歴へ戻る

個人情報保護方針 Copyright: 2011 Techno ECHO All Rights Reserved.