>> 過去の情報 > IR-30-27

食品プラント洗浄水管理用 残留塩素濃度計
型式:IR-30-27

オーバーフロー型:IR-30-27

カット野菜の残留塩素濃度管理に最適です。

本器は食品工場などで滅菌、消毒のために使用される 50mg/L 又は 200mg/L までの有効塩素を連続測定するための機器です。測定部は回転式とは異なり、駆動部を必要としないシンプルな構造で、検水を測定部に通水し、ビーズ噴流によって機械研磨します。さらに連続的に電気化学洗浄を併用することで、電極表面を常に最良のコンディションに保ち、長期間安定した測定を可能としました。

・食品工場などの食品加工用滅菌水の濃度管理
・乳業用洗ビン工程の滅菌水濃度管理
・カット野菜、洗卵、食肉などの洗浄水濃度管理

良好な基本特性
ビーズ洗浄と連続電気化学洗浄の併用方式
広い pH 範囲での安定した測定が可能
弱酸性塩素水への適応も可能
耐水性に優れたセンサ構造を採用
IR-30 モニタ外観
型式 IR-30
測定対象 全残留塩素 (有効塩素)
測定原理 ボルタンメトリー法
測定濃度範囲 5.0 〜 50.0mg/L 又は 20 〜 200mg/L
表示 ディジタル3桁LCD表示
最小分解能:0.1mg/L(FS:50.0mg/L時) 又は 1mg/L(FS:200mg/L時)
繰り返し性 フルスケールの±3%+1ディジット以内 (流量、pH、温度、電導度一定時)
応答時間 90%応答 1分以内 (検水調整槽出口から)
検水pH範囲 pH 3.5 〜 10.5 (急激な pH変動なきこと)
電導度範囲 10mS/m以上 (但し、塩化物イオン 200mg/L以上は不可)
伝送出力 DC4 〜 20mA 絶縁型 最大負荷抵抗 500Ω
接点出力 上限・下限・制御 各1a
制御幅設定スライドスイッチによりヒステリシス幅選択可能
電源 AC85 〜 250V 50Hz/60Hz
消費電力 約 5VA
設置方法 壁面取付または50Aパイプ取付 (オプション)
フローセル FC-27
検水流量 1.2 〜 2L/min
構造 ビーズ噴流洗浄機構付オーバーフロー型
接液材質 PVC PE アルミナ シリコンゴム
検水入口 ホースコネクタ (適合ホース内径 12 〜 15mm)
検水出口 VP20パイプ (大気開放のこと)
検水圧力 0.2MPa 以下で供給のこと
検水温度範囲 0 〜 45℃ (結露、凍結無きこと)
センサ RE-21C-010N (5 〜 50mg/Lまで)
RE-30C-010N (20 〜 200mg/Lまで)
検水温度範囲 0 〜 45℃ (結露、凍結無きこと)
温度補償 サーミスタによる自動温度補償
設置方法 FC-27型測定部に取付
洗浄方法 ビーズによる機械洗浄及び連続電気化学洗浄併用
ケーブル長 約 1m
IR-30-27 外観
▲更新履歴へ戻る