>> 過去の情報 > SR-100H
高濃度残留塩素計
型式:SR-100H / ER-100H
パネル埋め込み型:SR-100H
現場設置型:ER-100H

 病院施設における感染系廃水処理施設や中和処理施設に最適な残留塩素計です。新たな測定システムの採用により、ハイポなどの還元剤による残留塩素濃度ゼロの測定が可能となりました。
 塩素濃度ゼロ点付近でORP計との併用が必要なく、1台で測定システムが構築できますので、大幅なコストダウンが可能となります。


・自動洗浄機構により長期間安定した測定が可能。
・日本語表示で扱いが容易な操作キーを採用。
・高濃度からゼロまでの塩素濃度で使用が可能。
・ハイポなどの還元剤の影響を受けません。
・サンプル水の濁度、着色の影響を受けずに測定が可能。
・酸化還元電位差計 (ORP) では達し得なかった優れた安定性と濃度追従性を示します。




0〜2000mg/Lでの直線性



ハイポ共存時のセンサ出力値と
酸化還元電位 (ORP) の比較

構成部品
SR-100H標準システム構成 ER-100H標準システム構成
コントローラ SR-100H 1台 ER-100H 1台
フローセル FC-27 1台 FC-27 1台
センサ1 RE-231C 1本 RE-231C 1本
センサ2 GRE-12 1本 GRE-12 1本
中継端子箱 JB-100 1個  
標準付属品 1式 1式
主な仕様
モニタ部
型式 SR-100H ER-100H
測定成分 全残留塩素
測定原理 ボルタンメトリー法
フルスケール濃度 1000mg/L 又は 2000mg/L
有効下限値 0mg/L
表  示 デジタル4桁LED表示
繰り返し性 フルスケールの±5%以内 (pH、温度一定)
検水pH範囲 pH5.8 〜 8.6 (変動幅 1pH以内)
電導度範囲 5 〜 200mS/m
検水温度範囲 0〜40℃ (結露、凍結なきこと)
温度補償 サーミスタによる自動補償
伝送出力 DC4〜20mA 絶縁型 (最大負荷抵抗 900Ω)
接点出力 上下限 各1a エラー出力 1b
ヒステリシス制御 1a
接点容量 AC250V 1A MAX. (抵抗負荷)
電源 AC86〜264V  50〜400Hz
消費電力 約 20VA
周辺温度範囲 -10 〜 45℃ (結露、凍結なきこと)
設置方法 パネル取付式 50Aパイプ取付式
フローセル部
型式 FC-27
検水流量 1.2 〜 2L/min.
設置方法 壁掛式 又は 50Aパイプ取付式
検水入口 ホースコネクタ (適合ホース内径 12 〜 15mm)
検水出口 VP20 パイプ (背圧をかけずに大気開放にて使用のこと)
センサ部
型式 RE-231C-030Y GRE-12-030Y
検水温度範囲 0 〜 40℃ 0 〜 40℃
温度補償 サーミスタによる自動温度補償  
内部液   3.3モル塩化カリウム溶液 (ゲル)
ケーブル長 3m 3m
オプション
専用延長ケーブル S-10000 (最大 100m)
校正キット CA-1

▲更新履歴へ戻る

個人情報保護方針 Copyright: 2011 Techno ECHO All Rights Reserved.