>> 製品情報 > GR-10B-220

無試薬型全残留塩素計

下水処理場放流水や工場排水の全残留塩素濃度管理に最適

現場指示計一体型:GR-10B-220
概要
 本機は従来より定評のある3電極ポーラログラフ法により、下水処理場の放流水や工場排水中の全残留塩素 (遊離残留塩素+結合残留塩素) を測定する、無試薬型の全残留塩素計です。
 モニタはデータロガー機能を備え、SDHC/SDメモリーカードに測定データのログを記録できます。また特殊構造フローセルの採用により、SS等による詰まりが発生しにくく、フィルター等の前処理不要で運転することが可能です。
GR-10 モニタ
GR-10 コントローラ
GR-10B-220 外観
GR-10B-220 外観
測定方式は3電極ポーラログラフ法を採用
GR-10Bでは連続電解洗浄とビーズ洗浄併用測定で、感度劣化が少なく保守頻度を低減できる機種となっています。
無試薬方式ながら下水処理場放流水や工場排水等、結合型残留塩素主体の残留塩素を測定できますので、有試薬方式に比較してランニングコストが安価に運用できます。
遊離残留塩素の測定にも対応可能で、浄水処理の取水側に近い工程など多少のSSが混入するサンプルに適用できます。
モニタ部は豊富なパラメータ設定で現場に合致した仕様にカスタマイズ可能です。
測定レンジを始めとする各種出力等の設定をキー操作により現場で変更可能で、ユーザー対応の幅が広がりました。
SDHC/SDメモリーカードを利用したデータロガー機能を搭載しました。データはCSVデータとして記録され、パソコン上でExcel等で加工できます。
フローセルはSS等除去性能を考慮し、フィルタ等の前処理不要で運用できる特殊構造を採用しています。
モニタ GR-10
測定成分 全残留塩素(結合塩素主体の全残留塩素)
※用途向きにより遊離残留塩素測定仕様に変更出来ます
測定原理 微小固体3電極ポーラログラフ法
測定方式 ビーズ洗浄型微小貴金属3電極方式
測定範囲 0 〜 2mg/L (標準) ※その他の測定範囲は工場出荷オプションです
表示 測定値表示部(PV) : ディジタル4桁LED表示 最小分解能:0.01mg/L
設定値表示部(SV) : ディジタル4桁LED表示
繰り返し性 フルスケールの±5%+1ディジット以内 (pH、温度、電導度一定時)
検水pH範囲 pH 5.8 〜 8.6 (急激な変動、pH0.5以上の変動無きこと)
電導度範囲 10 mS/m以上 (但し塩化物イオン200mg/L以下であること)
伝送出力 DC4 〜 20mA 絶縁型 最大負荷抵抗 550Ω
メモリーカードI/F SDHC/SDメモリーカード  
接点信号 制御出力、上限警報、下限警報 : 各1a
装置異常 : 1b
接点容量 制御出力リレー : ACピーク400V 0.5A MAX. (抵抗負荷)
その他のリレー : AC250V 1A MAX. (抵抗負荷)
定格電源電圧 AC100 〜 240V±10% 50Hz/60Hz
消費電力 約 20VA
周囲温度範囲 -10 〜 +45℃
設置方法 壁面取付または50Aパイプスタンド取付 (屋内取付)
フローセル FC-220A
検水流量 6 〜 20L/min
接液材質 PVC PA PE PP PTFE NBR EPDM 他
検水入口 VP16伸縮継手
検水出口 VP30ソケット (管末は大気開放のこと)
検水入口圧力 最大 0.1MPa
検水温度範囲 0 〜 40℃ (凍結無きこと)
センサ RE-20C-010Y
温度補償 サーミスタによる自動温度補償
設置方法 FC-220A測定槽に取付
洗浄方法 ビーズによる機械研磨及び電気化学洗浄併用
ケーブル長 約 1m
※SDHCロゴはSD-3C, LLCの商標です。
詳細につきましては、資料請求・お問い合わせページからお問い合わせください。
▲製品案内TOP