>> 製品情報 > ICD-10-30 / ICD-10-40

二酸化塩素濃度計

浴槽水、スイミングプールなどの二酸化塩素濃度を連続測定します。

オーバーフロー型 : ICD-10-30
インライン型 : ICD-10-40
概要
浴場水などのレジオネラ菌対策で使用される二酸化塩素濃度測定のための無試薬型二酸化塩素濃度計です。
検出部には二酸化塩素を測定できる3電極ポーラログラフ方式を採用、電極感度低下を防止するためビーズによる機械研磨洗浄を連続的に行います。また、電気化学洗浄機能により電極の電気化学的汚染による感度低下を防止できます。
設置環境に応じてオーバフロー型とインライン型(流通型)の2機種を用意しました。
ICD-10-30
ICD-10-30 全体
ICD-10-40
ICD-10-40 全体
特長
ワイド電源電圧化に対応しました。(AC85〜250V)
より正確な制御・測定のために最小分解能を0.01mg/Lとしました。
上下限警報と制御出力の個別設定が可能になりました。
弊社独自の防水性能を向上させたケースを採用しています。
簡単な取扱・保守に特化させた機器です。
主な仕様
型式 ICD-10-30 ICD-10-40
測定成分 二酸化塩素 二酸化塩素
測定原理 ポーラログラフ法 ポーラログラフ法
標準測定範囲 0 〜 2mg/L 0 〜 2mg/L
表示 デジタル3桁LCD表示 デジタル3桁LCD表示
最小分解能 0.01mg/L 0.01mg/L
pH範囲 pH6 〜 pH8 pH6 〜 pH8
電導度範囲 10 〜 100mS/m 10 〜 100mS/m
検出器構造 オーバーフロー型 インライン型
検水温度範囲 0 〜 45℃ 0 〜 45℃
検水流量 1.5 〜 3L/min 1.3L/min ±20% 以内
伝送出力 DC4 〜 20mA DC4 〜 20mA
接点出力 上限・下限・制御 各1a 上限・下限・制御 各1a
制御幅設定スライドスイッチによりヒステリシス制御幅選択可能
電源 AC85 〜 250V 50/60Hz AC85 〜 250V 50/60Hz
温度補償 サーミスタによる自動補償 サーミスタによる自動補償
構成部品
ICD-10-30 ICD-10-40
品名 型式 型式 数量
モニタ部 ICD-10 ICD-10 1台
フローセル FC-30A FC-40 1式
センサ RE-20B RE-20B 1本
センサケーブル CT4S-005N CT4S-005N 1本
標準付属品 1式
▲製品案内TOP