>> 製品情報 > IR-10-30-22 / IR-10-40-22

遊離残留塩素計

浴槽水、温泉水の残留塩素制御に最適な浴槽水専用遊離残留塩素計

オーバーフロー型 : IR-10-30-22
インライン型 : IR-10-40-22
概要
温泉施設や公衆浴場、特別養護老人ホーム等のレジオネラ菌対策として、残留塩素の測定・制御を必要とするシーンが増えてまいりました。
弊社の浴槽水用残留塩素計では FR-10-30/FR-10-40 がご好評を頂いておりましたが、さらなる高性能・信頼性を求めて濃度計本体を筐体から開発・設計しなおしました。
これにより、より便利に・より使いやすい残留塩素計を実現することができました。
実績あるオーバーフロー型・インライン型のフローセルと、信頼性が高く再生可能な新型センサ RE-22B の組み合わせでご案内いたします。
IR-10-30-22
IR-10-30-22
IR-10-40-22
IR-10-40-22
特長
濃度表示は最小分解能 0.01mg/Lまでとしました。
上下限警報出力と制御出力を独立させました。
AC200V系電源にも対応したワイド電源電圧化になりました。
水回りの使用・環境に対応した新しい独自の筐体です。
操作が簡単な前機種の特長を継承しました。
ローコストセンサ(RE-22B)を採用しました。
主な仕様
型式 IR-10-30-22 IR-10-40-22
測定成分 遊離残留塩素 遊離残留塩素
測定原理 ポーラログラフ法 ポーラログラフ法
標準測定範囲 0 〜 2mg/L 0 〜 2mg/L
表示 デジタル3桁LCD表示 デジタル3桁LCD表示
最小分解能 0.01mg/L 0.01mg/L
pH範囲 Aモード:pH 5.8 〜 8
Bモード:pH 5.8 〜 8.6
Aモード:pH 5.8 〜 8
Bモード:pH 5.8 〜 8.6
電導度範囲 10mS/m以上
ただし、海水や塩化物泉は不可
10mS/m以上
ただし、海水や塩化物泉は不可
検水温度範囲 0 〜 45℃ 0 〜 45℃
検水流量 1.5 〜 3L/min 1.3L/min ±20% 以内
伝送出力 DC 4 〜 20mA(絶縁型) DC 4 〜 20mA(絶縁型)
接点出力 上限・下限・制御 各1a 上限・下限・制御 各1a
制御幅設定スライドスイッチによりヒステリシス制御幅選択可能
電源 AC85 〜 250V 50Hz/60Hz AC85 〜 250V 50Hz/60Hz
消費電力 約 5VA 約 5VA
検出器構造 オーバーフロー型 流通型
温度補償 サーミスタによる自動補償 サーミスタによる自動補償
洗浄方法 ビーズ噴流による機械研磨洗浄
電気化学洗浄
ビーズ噴流による機械研磨洗浄
電気化学洗浄
構成部品
IR-10-30-22 IR-10-40-22
品名 型式 型式 数量
コントローラ IR-10 IR-10 1台
フローセル FC-30A FC-40 1式
センサ RE-22B RE-22B 1本
センサケーブル CT4S-005N CT4S-005N 1本
標準付属品 1式
【注意】
塩化物泉等の塩化物イオンが多量に含有しています検水では、センサ寿命が
著しく短縮される恐れがありますので、あらかじめご相談ください。
詳細につきましては、カタログと機器仕様書・外観図が技術情報からダウンロードできます。
▲製品案内TOP