>> 過去の情報 > SR-10-BPS
この製品は、SR-10-30-22/SR-10-40-22 へ型式・仕様変更しました。

遊離残留塩素計

上水道残留塩素濃度管理に最適な3電極ポーラログラフ法を採用

型式 : SR-10-BPS
概要
上水道などの遊離塩素濃度を無試薬で連続測定を行う標準的な残留塩素計です。
検出部には、回転式や振動型等のような駆動部を必要としないオーバーフロー型を採用した保守がしやすいシンプルな構造です。
センサには、安定した測定が長期間可能で定評のある3電極式のセンサを標準搭載しました。
測定中は、ビーズ噴流による機械研磨洗浄が常に行われ、電極面を汚染物質から保護しています。
また、センサ電極面の洗浄を行う電気化学洗浄機構も標準搭載しました。
SR-10-BPS
SR-10-BPS 写真
特長
検水pH値の影響を受けにくくpH8まで測定が可能です。
構造が簡単で保守も容易です。
設置場所に応じた2機種の取り付け方法を採用した機種を用意しました。
操作が簡単です。
主な仕様
型式 SR-10-BPS
測定成分 遊離残留塩素
測定原理 3電極式静止型ポーラログラフ式
標準測定範囲 0 〜 2.00mg/L
表示 デジタル3桁LCD表示
最小分解能 0.01mg/L
繰り返し性 ±2%FS+1ディジット (pH、温度、電導度一定時)
直線性 ±5%FS+1ディジット (pH、温度、電導度一定時)
ゼロドリフト ±1%FS+1ディジット以内/月
スパンドリフト ±5%FS以内/月
応答時間 約1分以内 (90%応答)
pH範囲 pH6 〜 pH8
電導度範囲 8mS/m以上 (変動幅 10mS/m以内)
ただし、塩化物イオン 200mg/L以上は不可
検水温度範囲 0 〜 45℃
検水流量 1.5 〜 3L/min
伝送出力 DC4 〜 20mA (絶縁型)
接点出力 上下限 各1a
ヒステリシス制御出力 1a
※上下限とヒステリシス制御は同時使用できません
電源 AC100V 50/60Hz
検出器構造 オーバーフロー型
温度補償 サーミスタによる自動補償
洗浄方法 ビーズ噴流による機械研磨洗浄及び電気化学洗浄
構成部品
SR-10-BPS
品名 型式 数量
コントローラ SR-10 1台
フローセル FC-30A 1式
センサ RE-20B 1本
センサケーブル CT4S-030 (約 3m) 1本
標準付属品 1式
詳細につきましては、カタログと機器仕様書・外観図が過去の技術情報からダウンロードできます。
▲過去の製品